アセンション / ASCENSION

アクセスカウンタ

zoom RSS CERN

<<   作成日時 : 2010/04/12 22:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

欧州原子核研究機構(CERN) は、スイスのジュネーヴ郊外でフランスと国境地帯にある、世界最大規模の素粒子物理学の研究所である。

「欧州合同原子核研究機構」、「欧州合同原子核研究機関」、「ヨーロッパ合同原子核研究機構」、または「欧州原子核共同研究所」などとも呼ばれる。研究内容が素粒子物理学を中心としていることから、「ヨーロッパ素粒子物理学研究所」、「欧州素粒子原子核研究機構」などの通称もある。

所在地
スイスのジュネーヴ西方にある、スイスとフランスの国境をまたぐ地域に、2つの研究地区といくつかの実験施設がある。

地下には 全周 27km の円形加速器・「LHC」が、国境を横断して設置されている。

研究地区は、スイス側にメイラン地区(ただし、敷地の一部はフランス領地)、フランス側にプレバサン地区がある。これら研究地区の外に広がる地下実験施設の運用、およびそこへの出入りのために、主にフランス側に実験地区が点在している。

名称について
正式名称は CERN (サーン、セルン)、もしくは英語で European Organization for Nuclear Research、フランス語で Organisation Européenne pour la Recherche Nucléaire がある。

別称として、European Laboratory for Particle Physics や Laboratoire Européen pour la Physique des Particules が用いられることもある。

"CERN" という名称は、本機構の開設準備のために設けられた組織のフランス語名称である Conseil Européen pour la Recherche Nucléaire の頭文字に由来する。これは、日本語では「研究所設立準備理事会」とも意訳されるが、より逐語的に訳せば「欧州原子核研究理事会」という意味である。この理事会が開設準備の役目を終えて解散し、研究所の名称が定まった以後も、呼称は CERN のままとなっている。

活動
加速器を用いた素粒子物理学および原子核物理学の研究のほか、研究に必要な有用な技術の開発などを行っている。

素粒子・原子核物理学研究
日本時間2010年3月30日、7兆電子ボルトで陽子を衝突させる実験を初めて成功させた。 (加速エネルギーが3.5兆電子ボルトの陽子同士を正面衝突させた。)


情報技術
文献の検索および連携のために考案された言語であるHTML 、インターネット通信のために定めた規則(Hypertext Transfer Protocol 通称:HTTP)、 World Wide Web(通称: ウェブ)発祥の地としても知られる。この発明はいずれもイギリス人技術者ティム・バーナーズ・リー(Tim Berners-Lee)によって考案された。当初、彼は各国に散らばっている実験者が瞬時に情報にアクセスできるように、しかも同時に多くのコンピュータ間で同じ情報が共有できるようにと願ってWebを開発したのであるが、彼のもたらした効果は今やCERNのみに留まらず、全世界に拡がっている。

※CERNは裏ではタイムトラベルの実験を行っている。

CERNの背後はイルミナティ、フリーメーソン、300人委員会。

(それらの中核はレプティリアン。)

ジョン・タイターの居た世界はアセンションを成し得なかった世界。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CERN アセンション / ASCENSION/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる